外国人雇用・労務・監査戦略室

運営:キャストグローバルグループ 弁護士法人キャストグローバル(東京弁護士会所属)

〒105-6234 東京都港区愛宕2丁目5番1号 愛宕グリーンヒルズ MORIタワー 34階
[グループ拠点] 東京・大阪・埼玉・滋賀・神田・高槻・上海・蘇州・北京・広州・香港・ベトナム・ミャンマー

初回相談無料

               
電話番号 03-5405-7850 受付時間:平日
09:00 - 17:00

技能実習生の監理団体は、外部役員を選任するか外部監査人を選任し、これらによる監査を受けなければなりません。
外部監査人の場合は、3か月に1回の頻度で、監理団体の監査を行う必要がありますし、監理団体による受入企業の監査にも1年に1回以上同行する必要があります。

このような外部監査は技能実習法の施行とともに言うまでもなく、監理団体や受入企業において、技能実習法やその他各種法律を遵守させるための制度です。
これが十分機能していれば、監理団体が法を逸脱するような事態はなかなか生じないと思われますが、現実には監理団体が行政処分を受ける事例が生じていますし、監理団体の法律遵守の状況はなかなか芳しくないともいわれています。

無論、政府としてもこのような現状を放置することはなく、今後も違法な運営を行っている監理団体が摘発され、厳しい処分を受ける事態が続くと予想されます。

これを防ぐためには、監理団体においてしっかりとしたコンプライアンス体制を確立することが求められます。
そして、外部監査についても、表面的な甘い監査ではなく、厳格な監査が求められます。

弁護士法人キャストでは、第三者委員の就任を含む不正調査に長けた元検事の弁護士が、厳格な監査のみならず、不適切な点が発見された際には、その原因分析から是正を含めた対応を助言し、監理団体が強固なコンプライアンス体制を構築することをサポートいたします。
なお、外部監査人に就任するための講習は2019年11月に受講済みです。

   
お電話でのご相談はこちら
(初回相談無料)
03-5405-7850
受付時間:平日 09:00 - 17:00
ニュースレターの配信希望はこちら
ご希望の方は「ニュースレターの配信を希望する」にチェックをつけてください

業種別外国人雇用・労務・監査戦略(特定技能1号の対象となった14分野)

介護介護 ビルクリーニングビルクリーニング 素形材産業素形材産業 産業機械製造業産業機械製造業 電気・電子情報関連業電気・電子情報関連業 建設建設 造船・舶用工業造船・舶用工業 自動車整備自動車整備 航空航空 宿泊宿泊 農業農業 漁業漁業 飲食料品製造業飲食料品製造業 外食外食