外国人雇用・労務・監査戦略室

運営:キャストグローバルグループ 弁護士法人キャストグローバル(東京弁護士会所属)

〒105-6234 東京都港区愛宕2丁目5番1号 愛宕グリーンヒルズ MORIタワー 34階
[グループ拠点] 東京・大阪・埼玉・滋賀・神田・高槻・上海・蘇州・北京・広州・香港・ベトナム・ミャンマー

初回相談無料

               
電話番号 03-5405-7850 受付時間:平日
09:00 - 17:00

外国人を雇用しようと考えている経営者は、まず「在留資格」について理解する必要があります。

「在留資格」とは外国人が日本で活動するための資格であり、様々な種類があります。就労が認められる在留資格も、就労が認められない在留資格もあります。就労が認められる在留資格であっても、認められる就労範囲が限定されている場合があります。
そのため、外国人を雇用する際には、まず、その外国人の就労が認められるのか、どの範囲で認められるのかを十分に確認する必要があります。就労が可能かどうか、制限があるのかどうかは在留カードの「就労制限の有無」欄に記載がありますので、まずその記載を確認する必要があります。

在留資格を適切に理解していないと・・・

在留資格は外国人個人の資格ですが、違反をして就労をさせた場合には雇用をしていた側がペナルティを受けることを十分に注意する必要があります。
在留資格がない外国人(在留期限を過ぎたオーバーステイの外国人も含みます)を就労させたり、在留資格に定められた範囲を超えた就労活動をさせたりしていると、「不法就労助長罪」として刑事罰に問われる場合があります。
不法就労助長罪の摘発は、少し前までは、違法な風俗店でオーバーステイの外国人を雇用したというような、悪質性の高い事案が中心でした。しかし、最近は、著名な飲食店チェーンにおいて就労時間の制限を超えて留学生を就労させた場合なども増えてきており、注意が必要です。

   
お電話でのご相談はこちら
(初回相談無料)
03-5405-7850
受付時間:平日 09:00 - 17:00
ニュースレターの配信希望はこちら
ご希望の方は「ニュースレターの配信を希望する」にチェックをつけてください

業種別外国人雇用・労務・監査戦略(特定技能1号の対象となった14分野)

介護介護 ビルクリーニングビルクリーニング 素形材産業素形材産業 産業機械製造業産業機械製造業 電気・電子情報関連業電気・電子情報関連業 建設建設 造船・舶用工業造船・舶用工業 自動車整備自動車整備 航空航空 宿泊宿泊 農業農業 漁業漁業 飲食料品製造業飲食料品製造業 外食外食